Storyストーリー

point
01

出身は四国、愛媛県

まずは僕の出身地からご紹介しようと思います。
実は僕、愛媛県出身なんです。なんで愛媛県出身の僕が静岡にいるのかって??
それはまた後ほど説明させていただきますね。
愛媛県宇和島市に、長男として生まれました。
卒業した宇和島東高校は、静岡の皆さんにも知っている方が多く、嬉しい気持ちになります。
静岡から愛媛までは車で約8時間。しかし出身である宇和島まではそこからさらに約3時間かかるんです、、。
なので休憩も含めて約13時間くらいは車でかかります。車で何回か帰省したことがあるので、ある意味良い思い出です。(笑)

point
02

トレーニング、身体について勉強を始めたきっかけ

スポーツは小学校3年から高校3年まで、ずっとバスケ部でした。
小・中・高とキャプテンをさせてもらってた僕は、チーム内でも背の高い方ではなかったので、ポジションはポイントガード。いわゆる司令塔と言われるポジションでした。
高2の終わり頃、「バスケの練習をしていない時でも、バスケが上手くなる方法ってないのかな??」と思い始めたのが、トレーニング、そして身体の事を勉強し始めたきっかけでした。
その日から自宅のパソコンで、栄養、正しいウォーミングアップの方法、ストレッチ、試合前の食事法などを調べる毎日が始まりました。
日頃の食べる物や、普段の身体の使い方などがスポーツのパフォーマンスを高めるのではないかと思い、筋トレを始めたのもこの頃からです。
身体のことを勉強するのが楽しくなっていました。

point
03

大学受験の失敗

宇和島東高校は地元では有名な進学校でした。文武両道をモットーにスポーツも強く、頭の良い生徒が多かったです。
でも、その中で僕はどんなに頑張っても中の下くらいでした。正直高校からの勉強は苦手だったんです。
身体のことをもっと詳しく勉強して、それを指導する職業に就きたかったので体育大学に行きたいと思っていました。しかし、志望校には不合格。見事に大学受験に失敗しちゃったんです。

point
04

広島のトレーナー専門学校に通う

大学受験に失敗した僕は、それでも身体の事を学びたいという思いがあったので、広島県にあるトレーナー専門学校に通い始めました。
専門学校時代は、正直めちゃくちゃ勉強しました!
学校の教科書では飽き足らず、近くの大型書店に毎日のように行っては、解剖学、生理学、運動機能学、医学書を買い込んでは読みあさってました。大学受験に失敗した悔しさもあったと思います。
バイト代はほとんど本か、adidasのトレーニングウエアに費やしてましたね。(笑)
もちろん、適度に遊んでもいました。広島でできた友達は今でも本当に仲が良く、年に一回くらいはみんなで集まって広島で遊んだりもしてます。
広島は僕にとって特別な場所で、本当に大好きな場所です。

point
05

なぜ静岡にいるの??

この質問、めちゃくちゃされます。(笑)
実は専門学校卒業後、大学に編入しようか就職しようか迷ってたんです。
ある日就職先を何となく調べていたら、「株式会社エスパルス」の求人を見つけました。
エスパルスと言えばJ1所属のチームですし、運動指導に携われるかなと思い応募。
トレーナーの試験にも無事合格し、入社というかたちになりました。
そしてそのまま静岡県に根付いてしまったという感じです。

point
06

Jリーグ エスパルスに入社

一般の方から、アスリートの方まで幅広く指導に携わらせていただきました。
企業様へのグループ指導も担当させていただいたり、入社3年目にはチーフトレーナーとしてスタッフや施設の管理まで任せていただいて、トレーナーのスキル以外のところでも大変勉強になりました。
その中で感じたのは、『お客様一人ひとり感じている身体の悩みは違う』という事です。
身体の悩みや癖は一人ひとり違っていて、その人たちにとって一番良い運動は何だろう、自分に何が提供できるかなと思う日が続きました。
その時に僕は、一対一の空間で、100%そのお客様に対して身体の指導をするということが、自分自身のやりたいことであって、変えていける自信があることだと思いました。
ちょうど5年間という区切りで、エスパルスを退社しました。

point
07

独立 ~ BodyBrandの設立 ~

退社後、パーソナルトレーナーとして独立したのが2018年の4月、24歳の時でした。
当時は独立の手続きや集客方法などでかなり混乱していたのを覚えています。
何もかもが初めてだったので、「こんなにも大変なのか!」と弱気になっていたのを覚えています。
しかし、周りの先輩方や既に独立されているトレーナーからのアドバイスのおかげで何とか頑張ることができました。
徐々にお客様や力を貸してくださる方が増えていき、2018年11月、「パーソナルジムBody Brand」をオープンすることができました。
お客様一人ひとりに『身体』という価値(ブランド)を感じてほしい、高めていってほしいという意味でこのような名前にしました。

point
08

トレーナーとしての目標

身体を動かす大切さを、もっと多くの方に知っていただくことですね!
「運動は運を動かす!」というふうに言われていますが、僕はその通りだと思います。
痩せる、筋肉をつける以外にも、運動には人を健康的に、魅力的に見せる効果があります。
忙しい日々の中で身体に気を配るのは簡単なことではありませんが、5年後、10年後の未来の身体に向けて少しずつでも良いので、皆様のサポートをしていきたいと思っています。
どこか身体が痛くなってきたり、病気になってから運動を始めるのではなく、日々の積み重ねが身体をつくっていきます。
「身体のことで困ったら、Body Brandに行ったらいいよ!」
「身体のことだから、ちょっとBody Brandに相談してみようかな。」
このように言ってもらえるようなジム・トレーナーになってくことが、今の目標です。